為替 会社

自分の投資方法にマッチしたFX会社を選ぶポイント!

FXの取引スタイルというのは人それぞれ異なりますから、
FXをするのであれば投資方法にマッチしたFX害者を選ぶのが重要なポイントとなります。

 

取引回数の多いデイトレをするのであれば、
スプレッドが狭いほうが取引コストがおさえることができて有利ですし、
スリップが少なかったり反応の良いアプリやツールが重要となってきます。

 

長期投資を目的としていてスワップを受け取ることも重視しているのであれば、
スワップポイントが高いFX会社を選んでみるのが良いでしょう。

 

それ以外にも有益な投資情報を提供して欲しいといった場合であったり、
投資に役立つ動画を配信しているところを選びたいというのであれば
外為どっとコムのように初心者からベテランまで利用をしやすいところを選んでみるのも選択肢のひとつとなります。

 

投資方法や目的によって最適なFX会社というのは変わってきますし、
それによって損益も変わってくることになるので
取引をするFX会社というのはトレードの技術を身につけるのと同じぐらいに重要なポイントとなります。

 

そのため、投資を始めるときには必ず自分の投資方法にマッチして
使いやすいFX会社を選ぶようにして、有利なトレードをできるようにしましょう。

 

FXを始めて1年が経ち学んだこと

 

2015年の1月より取引を開始して1年で約13万円損をしました。

 

実はこの昨年の1月よりFX取引を開始して最初は、
ちゃんと利益が出るだろうかと恐る恐る最小単位であった1000通貨だけで取引を行い、
わずか1分ほどで14円の利益を出して大喜びしました。
当時はほとんどFXの知識が無く、ただ単に上か下かを当てるだけだという感覚でした。

 

そして、取引の際に選んだ通貨はスプレッドが小さいという理由だけでドル円で取引を行っていました。
取引スタイルはスキャルピングと呼ばれる手法で行い、
すぐに利益が出たら決済しようと考えていました。
そうするとすぐに利益が出ました。

 

先ほどの取引で利益が出たのでこの調子で1時間やれば
14円×60分で840円も稼げるのではと感じてしまい、
その後も1000通貨で取引を行っていましたが、
スリッページと呼ばれる約定の際の誤差の許容範囲の設定を変えていなかったため、
私が望んでいた値よりも大きくぶれることがあり、値通りに約定されていれば利益が出たのが、
スリッページのせいでマイナスの損益が確定したことがありました。

 

その分の損失を埋めようと思い、口座の中には300万円入金していたので
5000通貨位大丈夫だろう。
すぐに利益が出てきたら約定させて先ほどの損失分を埋めてやろうと考えてました。

 

そうすると、今度はもっと待てば利益が出るだろうと思うようになり、
ずっとチャートとにらめっこしていたのですがわずか5pipsの損失が出ただけで
物凄く焦るようになり、このままではまずいと思い損切りをしました。

 

FXでパニック

そして損切りをしたとたんに利益が出る値まで行ったため、
今度はさらに頭に血が上って
保有枚数を増やしてその分の損失を埋めてやろうと考えるようになりました。

 

結果は、損失がさらに増えていくだけでした。

 

最初の数十円の利益で大喜びしていたのに、
この間のわずか1時間の間に7000円も損失が出てきたためこうなると理性が働かなくなり
口座の中にあった300万円はゲーム感覚で取引するようになってしまいました。
金銭感覚のマヒです。

 

レバレッジを2倍までと決めていたのですが、
そのレバレッジで保有できる枚数限度までポジションを保有しました。
するとわずかな動きですごい値動きがあり、損失が膨らんでいくと怖くなり
しばらく怖いと思い決済をせずそのままにしていました。

 

当時は指値、逆指値の使い方も分からなかったため
昼食後にパソコンを見たら2万円も損失が出てしまいました。
それでさらに頭にきて今度はスイングトレードと呼ばれる長期保有作戦で行ったのですが、
5日で150pipsもの損失を出してもう駄目だと思い損切りしました。

 

額にして8万円です。
その後ギリシャショックがあった7月には1日で5万近く損失を出し当時は泣き崩れました。

 

そういった苦い経験の中で得たものとして多くの保有枚数を持たないこと、
損失をここまで出してもいいと言うラインを決めることで精神的に安定すること、
様々な情報を得られるようにアンテナを張ることを行い、
今では利益こそ少ないですが損失も少なくちょっとしたスリリングを楽しむための取引でやっています。